手抜き父さんの簡単DIY

DIYに挑戦するサラリーマンです。初心者なので失敗して当然、とりあえずやってみる精神で楽しみたいと思います。家族を笑顔に!

玄関リメイク大作戦!間接照明でステキな空間づくり。【DIY初心者必見】

f:id:TKD05:20200522214949j:image

玄関とはどんな場所でしょうか。

お客さまをおもてなしする場であり、出かけるときに気合いを入れる場であり、帰宅してホッとする場であり、お疲れ様ですと家族をお迎えする場であり。

 

自宅と社会をつなぐ、大切な役割を果たしてくれている空間だと思います。玄関が素敵な空間だったらどんなに良いことか。

 

でもご自宅に置き換えて検討してみると、よくわからなくなってしまい『また今度にしよう』と後ろ倒しにしてしまったご経験がおありの方もいらっしゃるのではないしょうか。

 

こちらの記事では『間接照明を簡単に設置する方法』をご紹介させていただきます。

 

投資したのはたったのこれだけ。

 

 作業時間:約30分

 材料費 :約2千円

 

初心者であるわたしの実体験をもとにDIYの方法についてまとめていきます。

 

目次

 

間接照明とはどのようなものか

とりあえずおしゃれなイメージですよね。

 

照明器具が壁や天井を照らし、その反射光を明かりとして活用するスタイルになります。部屋全体をぼんやり明るくしたり、落ち着いた雰囲気づくりをしたり、部屋のアクセントにしたり、活用の幅が広く空間づくりには欠かせないツールのひとつとだと思います。

 

『カッコいい。ほしい。』

 

でも・・・

 

業者さんに頼んだら少なくても2~3万円かかるでしょうし、電気工事のため有資格者での作業になるためなかなか手が出せません。

 

『ハードル高いなぁ・・・』

 

大丈夫です、諦めないでください。

 

自分でできるものがあります!

ほしいと思った今がチャンスです!

初心者のわたしでも出来たのですから!

 

憧れの間接照明ビフォーアフター

初心者でも簡単にDIYで取り付けられます。

 

完成したものがこちらです!!

写真右下のシューズケース下へ導入しました。

f:id:TKD05:20200523155247j:image
憧れの間接照明です!

広がりを感じますし、落ち着いた雰囲気も出てきました。

 

ビフォーアフター


f:id:TKD05:20200523100803j:image

f:id:TKD05:20200523100806j:image

今まではこちらのシューズボックス下には靴やら普段使わない野球のボールケースやら保管していたのでごちゃごちゃしていました。

 

だとすると、片付けたのが一番効果的だったのかもしれません笑。

綺麗にしておくことが基本ですね。片付きましたし間接照明もセッティングされたので、結果的に物も置きにくい状態、綺麗に維持できるような気がします。

 

おうちの顔である玄関に『落ち着き、広がり、清潔』という付加価値を加えることができました。

 

簡単に設置できる間接照明とは

超簡単に格安で設置できるものとしてこちらを導入しました。あまりに安いので少々心配でしたが、お値段の割にしっかりしていて、しばらく活躍してくれそうです。お手軽なのでテレビの後ろやベッドの下など他の場所にも試してみようかと検討中です。

 

お勧めポイント

コスパ良好。

・明るさは十分。

・乾電池で点灯する。

・人感センサーで省エネ。

・防水なので玄関でも安心。

・自由にライトを曲げられる。

・取り付け方法が超簡単。(後述)

 

DIYで取り付けているので購入費はたったの1,390円でした。

思っていたよりお安く間接照明を導入できましたので、浮いたお金で・・・

 

玄関のフェイクグリーンを購入できました!

f:id:TKD05:20200523190037j:image

気に入ったので買い足したいと思います(笑)。CT触媒のため空気の洗浄・消臭効果が見込めるとのこと。光も不要のため玄関にもってこいですね。

 

間接照明を設置した簡単DIY作業手順

貼り付けるだけですのであっという間に完了します。

 

①まずは仮付けしながら取り付け位置の検討。

f:id:TKD05:20200523122359j:image

 

床に向けると反射してライトが見えてしまうのですね。マッドな仕上がりの床であれば問題ありませんが、ツルツルしている鏡面だと直接向けるとNGということがわかりました。

我が家の場合は手前側にテープライトを上向きで設置したときがベストでした。

 

マスキングテープなので、設置場所を色々変えて試してみてください。

明るさ、見え方が随分変わります。

 

②貼り付けます。

上向きで設置するので支持材の代用品としてこちらを活用することにします。テレビボードを購入したときの梱包材です。(無料です(笑))

f:id:TKD05:20200523122522j:image

 

作業場所がとにかく狭く作業性が悪いです。

そんなときは息子(5歳)、わがままボーイの出番です。気張ってました!笑

f:id:TKD05:20200523122814j:image

 

どちらかというと自宅に入るときに点灯してほしいのでセンサー取り付け位置は扉の近くにしました。

意外にも目立つことなく納まりました。

f:id:TKD05:20200523153818j:image

 

シューズボックスの下の写真です。テープライトは上向き、支持用のL字材はマスキングテープで止めてあるだけですのでいつでも変更できます。接着力も意外としっかりしています。

見えないところは機能だけ考えます。いや、手を抜きます笑。
f:id:TKD05:20200523153821j:image

 

30分ほどで、完成です!!!

f:id:TKD05:20200523155247j:image

 

玄関リメイク大作戦!第3弾の間接照明編でした!

 

玄関の簡単DIYチャレンジはこれからも続けていきます。

 

【ご参考】

壁1面だけ変えるとガラッと雰囲気がかわります。玄関リメイク大作戦!はここから始まりました。

tkd05.hatenablog.com

 

ウォールシェルフがあると季節ものやおしゃれな小物などで玄関に彩りが加わります。玄関リメイク大作戦!第2弾です。

tkd05.hatenablog.com

 

ポイントまとめ

憧れの間接照明は自分でも設置できる。

落ち着いた雰囲気、広がり、清潔さを手に入れることができる。

激安で簡単なのでDIY初心者は是非トライしてほしい。

 

今回の評価

●妻採点 80点 

いいんじゃない!

●自己採点 95点

間接照明がこんな簡単だったとは。

●コスト 1900円

テープシール1400円+作業時間0.5h×時給1000円

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

多くの方がDIYにチャレンジ中ですね。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村